イメージ画像

日本を「資源大国」に変える、私たちの品質

処理・再生システム

近江物産のリサイクル処理フロー

材料メーカーとして

本来素材が持つ機能をリサイクルによって品質を落とさず、「同等の価値」で再び社会に還元する・・・。この姿が、私たち近江物産が「材料メーカー」として目指す「価値あるリサイクル」です。

近江物産の価値あるリサイクル

年間20,000トンの原料化

1977年より廃プラスチックのマテリアルリサイクルに取り組み、「国内で発生した物は国内でリサイクルする」をモットーに、年間約20,000トンの粉砕・ペレット加工を行っております。

徹底した品質管理

社内には材料研究室を開設し、充実した環境で研究に取り組んでいます。研究結果を、品質安定化のために反映し、工程管理や品質チェック体制の強化に役立てています。


業界初導入 10トンタンブラー

※10tタンブラー
生計条件を変えることなく均一材料を製造することが可能。生産効率が大幅にアップします。

※新・押出工場
材料供給から計量、混合、押出までの4段階が1つのラインとなって、均質なプラスチックを自動で生産します。


このページの先頭へ